dカード GOLDのdポイント還元実績公開〜ゴールドカード年会費の元は取れるのか?〜

dカード GOLDのdポイント還元実績公開 ポイ活
スポンサーリンク

こんにちは、ドコモユーザー歴24年でドコモ経済圏どっぷりの長井ジンセイ(longlife_JN)です。

2021年5月からdカード GOLDを保有し約4ヶ月が経過しましたが、目論んでいた年会費分以上のdポイントは果たして獲得出来そうなのか?はたまた損しているのか?

dポイント還元実績など一次レビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク

はじめに:dカード GOLDとは

dカード GOLDは、dカードと共にNTTドコモが発行するクレジットカードです。

クレジットカードに加え、電子マネー「iD」、dポイントカードの3つの機能が1枚になっているのが特徴です。

dカードゴールド/dカード

メリットやデメリットは前回エントリーに記載したので、今回は割愛します。

最大のデメリットである年会費、dカード GOLDならではのdポイント還元(ドコモ料金10%・d払い+0.5%)で回収しよう!…というのが私の目論見です。

スポンサーリンク

dカード GOLDの年会費

目標金額となるdカード GOLDの年会費や、周辺情報について改めて確認しておきましょう。

dカード GOLDの年会費はいくら?

11,000円(税込)

利用の有無に関わらず問答無用で徴収されます。

dカード GOLD年会費はどうやって支払うの?支払い時期は?

当該dカード GOLDの利用実績として、クレジットカードの利用明細に計上されます。

私の場合、2021年5月11日がdカード GOLDの切り替え日(dカードからのアップグレード承認)で、その4日後にはもう年会費が利用実績として上がって来ていました。

dカード GOLD年会費のクレジットカード支払いでdポイントはつくの?

dポイント獲得履歴とも照合してみましたが、残念ながらdカード GOLDの年会費はdポイントの付与対象外でした。

ジンセイ
ジンセイ

いわば11,000円の先払い、その後11,000円分以上のdポイントを獲得出来るかどうかの戦いが始まる…って感じです。

スポンサーリンク

dカード GOLDのdポイント還元実績

我が家のドコモ関連支払い(ドコモ光・ドコモ回線料金)で11,000円分以上のdポイントが得られる…と目論んだ訳ですが、果たして実績はどうだったでしょうか?

獲得ポイント確認はdポイントアプリかサイトから

dポイント獲得履歴の明細は、dポイントのアプリまたはサイトから詳細の確認が可能です。

明細に「dカード GOLD特典」と記載される

以下が実際のdポイント獲得明細です。

ドコモ光およびドコモ回線の利用料金について、dポイントクラブ会員を対象としたポイント(1%)+「dカード GOLD特典」としてのポイント(9%)の合計が10%となっています。

ジンセイ
ジンセイ

1%分は通常のdカードでも貰えるので、dカード GOLDの恩恵は実質9%分となりますね。

「税抜1,000円ごとに100ポイント」と丸められた後の付与なので、1%分だけで比較するとdカード通常(税込100円ごとに1ポイント)よりもdカード GOLDの方が条件が悪くなります。

[例]税込6,500円の1%還元分:通常だと65ポイント/GOLDだと50ポイント

これでドコモ光:540ポイント+ドコモ回線:270ポイント=810ポイント/月となりますが、これではまだ年会費の月割り換算額=917ポイントに届きません…

[ポイント共有グループ]家族分は獲得・利用明細が表示されない

先日来家族3人ドコモユーザーとなった我が家では「一括請求サービス」を使いつつ(私が支払いorz)、妻にdカード GOLDの家族カードを持たせ、「ポイント共有グループ」化しています。

ポイント共有グループ | dポイントクラブ | サービス・機能 | NTTドコモ
お支払いが別々のご家族や、ドコモ回線をお持ちでないご家族ともグループを組むことでdポイントを共有できる「ポイント共有グループ」についてご説明します。

ある日dポイントアプリを見ると前日より1000ポイント以上減っていてビックリ!

心当たりがないのでポイント獲得・利用明細を見てみるも、該当する項目は見当たらず…

そこで妻に確認すると、ファストフード店でポイント利用したとのこと…(テヘペロ的な軽いノリ)

ポイント共有グループで自分以外の人が獲得・消費したポイントは、自分のdポイントアプリ/サイト上では明細が出ず、トータルのポイント増減しか把握出来ないのです。

ジンセイ
ジンセイ

突然増えたり減ったりするのにその内容が自分では判らないので、トータルポイント数だけの反映ではなく、家族アカウント分とわかるようにして明細も出して欲しいですね…

家族回線分の「dカード GOLD特典」付与状況を確認

さて妻のドコモ回線利用料金分は「dカード GOLD特典」が適用されているのでしょうか?

家族のdポイントアプリから明細を確認

妻のスマホのdポイントアプリで獲得・利用履歴を確認したところ、妻の回線利用に対するdポイント付与がようやく確認出来ました!

※妻にdカード GOLDを持たせているからこその還元です

これでドコモ光:540ポイント+ドコモ回線:630ポイント(私:270+妻:360)=1170ポイントとなり、1170×12=14,040ポイント>11,000円となり、dカード GOLD年会費の元を取れる見込みとなりました。

家族のドコモ利用料金×dカード GOLDのdポイント還元実績額の対比

dカード GOLDの10%還元は対象が限られ詳細に確認するのは大変なので、以下は各「支払い総額」に対するdポイント還元の対比表となります。

支払総額
(2019/7実績・税込)
dカード GOLD特典還元額
(9%分)

(ギガライト2:〜1GB)
3,709270
 子 
(キッズケータイ)
677

(ギガライト2:3〜5GB)
6,808360
ドコモ光
(TVオプション等含む)
7,583540
合計18,777円1,170ポイント
ドコモ利用額×dカードGOLD特典分のdポイント実績の対比
ジンセイ
ジンセイ

前回エントリーに記載しましたが、スマホの端末分割支払い代金とかケータイ補償の費用とか対象外の金額も多く、支払い総額に対しての10%(通常の1%を除くと9%)にはならないことがよく解るかと思います。

スポンサーリンク

ahamo契約だと「dカード GOLD特典」はどうなるか?

現在私も妻もギガライト2契約ですが、通信費削減のためahamoへの変更も候補に上がっています。

ジンセイ
ジンセイ

ほぼテレワークの私は外でパケットを消費する機会も少なく〜1GB/月でahamo料金未満に収まりますが、毎日出勤の妻が〜5GB/月で基本使用料分が3,480円となっており、切り替え・節約の検討余地があります。

ahamo契約にした場合、dカード GOLD特典の10%はどうなるのでしょうか?

<ahamo>dカード GOLDご利用額10%還元特典

dカード利用金額に対して100円(税込)ごとに10ポイント進呈となり、上限は300ポイント/月と定められています。

これはahamo利用料も対象になるとのことで、税込2,970円だと290ポイントが付与されることとなり、その他100円以上のカード利用が他にあれば上限MAXの300ポイントが月々貰える計算になります。

<ahamo>dカードボーナスパケット特典

ahamo契約のdカード GOLDユーザーは「+5GB/月」の特典が受けられ、25GB/月のパケット容量が使用可能となります。

※ノーマルdカードは+1GB/月

ahamo利用料金のdカード GOLD支払いで290ポイントは確実に貰える

ということで、仮に妻の契約をahamoに変えたとしても、290ポイントは貰える計算になることが判りました。

ドコモからahamoへの切り替えで使えなくなるサービスに注意

シェアパックやデータ専用プランなど、ahamoへ切り替える際に廃止や変更が必要なサービスがあるので、切り替え前には要チェックです。

ahamoへプラン変更手続きを行う際のご注意 | 料金・割引 | NTTドコモ
ドコモをご利用中の方は、「ahamo」へプラン変更する際に必ずご確認ください。事前に必要なお手続きや、「ahamo」ではご利用になれないサービスなど、お申込みにあたってのご注意事項をご案内いたします。

我が家の場合は特に該当するものはないかな…と思っていたら、唯一ヒットしたのが「イマドコサーチ」。

子供に何かあった時の保険として、キッズケータイのGPS捜索が出来るように契約しています。

このイマドコサーチはahamoでは残念ながら使えないとのこと…

イマドコサーチ | サービス・機能 | NTTドコモ
iモードケータイやスマートフォンやパソコン(My docomo)を使って、お子さまや大切な人の居場所を地図で確認することができます。

探す側は勿論、探される側もahamo契約ではイマドコサーチは使えないとのことで、子どもがもう少し大きくなりahamoを持たせたとしても、GPS捜索が出来ないというのややは痛いですね。。

ジンセイ
ジンセイ

ただ私がドコモ契約を維持するのであれば、妻が使えなくなってもまあ大丈夫かなということで、妻はドコモ契約からahamo契約への切り替えを進める方向で最終検討することとします。

スポンサーリンク

まとめ:dカード GOLD年会費の元は取れそうだが、通信費削減観点では課題あり

ということで、dカード GOLD特典により月間1,100〜1,170ポイント=年間13,200〜14,040ポイントが獲得できる見込みで、我が家では「損した…」という状況にはならなそうであることが判りました。

ジンセイ
ジンセイ

11,000円の年会費を差し引いて、実質は年間2,000〜3,000円程度のお得感ですね。

d払いの+0.5%還元やTHEO+ docomoの手数料割引など、他にもdカード GOLDによる恩恵を受けられている(・今後受けられる予定)ものが若干あります。

私のようなドコモユーザーなら、年会費分以上のdポイント獲得=実質無料で使い得るゴールドカードということで、「dカード GOLDはお得」と言ってもいいのではないかと思います。

ただインターネット・携帯電話で18,000円以上/月となる我が家の支出額については、家族3人世帯の平均額14,454円を超えており、上記dポイントお得分を差し引いてもまだ見直し・節約の余地があるなと感じています。

通信費の節約方法|スマホ・インターネットなど固定費を見直そう|EGR
通信費の節約方法|スマホ・インターネットなど固定費を見直そう,「固定費を見直して家計の負担を抑えたい」という人は、スマホやインターネット代など通信費もなるべく安くしたいと考えるのではないでしょうか?通信費は私たちの生活に欠かせない費用ですが、工夫をすれば大幅に削減することが可能です。今回は、無駄を省いて毎月の通信費を安...

dカード GOLD加入やドコモ光への切り替え時には各キャンペーンで数万円の得をしており、いわば貯金がある状態ではありますが、節約観点で更に出来ることを探していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました