ドコモのスマート家計簿「スマー簿」お試しレビュー~マネーフォワードとの違いは?〜

スマー簿とマネーフォワードの違い・比較 ポイ活
スマー簿のレビュー〜マネーフォワードとの違いについて
スポンサーリンク

こんにちは、ドコモユーザー歴24年の長井ジンセイ(longlife_JN)です。

以前より資産管理にはマネーフォワードを使っておりますが、NTTドコモとマネーフォワードが共同開発した「スマー簿」なる家計簿アプリがリリースされたとのニュースがありました。

ドコモ経済圏に片足を突っ込んでいる私(:過去記事)としてはこれはチェックせねば!

ということで、お試しレビューとして使い勝手やマネーフォワードとの違いなどをレポート・評価致します。

まだ口コミや評判も少ないサービスなので、導入を検討中の方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

スマート家計簿「スマー簿」とは?

「dアカウント」でログインするだけで、「dカード」「d払い」「dポイント」などの利用明細と自動連携し、家計簿の作成が可能なアプリ。

加えて銀行口座明細や証券の運用状況、各種ポイント残高など、ドコモ以外の1500以上のサービス情報も管理可能です。

サービス内容

[1]dアカウントで自動連携

dアカウントでログインするだけで、以下各サービスの情報を自動連携し、利用状況が簡単に確認可能になります。

[対象サービス]dカード/d払い/ドコモご利用料金/dポイント/ポイント投資/THEO+ docomo

https://www.nttdocomo.co.jp/service/smart_kakeibo_sumabo/index.html

[2]1,500以上の金融機関・サービスと連携

銀行・クレジットカード・電子マネー・ポイント・証券・投信・仮想通貨・年金・スーパーなど、1,500以上の金融機関・サービスと連携、入出金履歴、利用情報、残高情報を一覧で表示してくれます。

https://www.nttdocomo.co.jp/service/smart_kakeibo_sumabo/index.html

[3]自動で家計簿を作成

入出金の履歴から自動で家計簿を作成

食費、光熱費などの項目に分類、グラフ化してくれます。

https://www.nttdocomo.co.jp/service/smart_kakeibo_sumabo/index.html
ジンセイ
ジンセイ

マネーフォワードの基本となる[2][3]機能に、ドコモ独自の[1]が加わったという感じですね。

スポンサーリンク

スマート家計簿「スマー簿」のインストール〜使用手順

アプリのインストール

Google Play/App Storeよりアプリをインストールします。

利用規約に同意

アプリを立ち上げると導入画面の次に利用規約への同意を求められます。

スマー簿の利用規約、NTTドコモ・マネーフォワードの両社に関する条項が入っています。

dアカウントでログイン

利用規約に同意すると、dアカウントへのログインを求められます。

dアカウントでログインをすると、自動的にドコモサービスの情報が反映されます。

私の場合、THEO+docomoの投資額やdポイントなどが即反映されていました。

ジンセイ
ジンセイ

通常のマネーフォワードではdocomo関連も全て自分で反映させる必要があり、docomoサービスの利用数が多い人は手間が省けます。

ということで、アプリダウンロード→dアカウントログインという簡便な手順で、スマート家計簿「スマー簿」が使用可能となりました。

先日発表のあったNTTドコモ✕三菱UFJ銀行の「デジタル口座サービス」あたりも、サービス開始となれば自動反映の対象になってくるかもしれませんね。

ドコモと三菱UFJ銀行が業務提携 2022年中にdポイントがたまる「デジタル口座サービス」を開始へ 合弁会社の設立も検討
NTTドコモと三菱UFJ銀行が、デジタル金融サービスの提供を目的とする業務提携契約を締結した。2022年中に新しいデジタル口座サービスの提供を開始する他、金融サービスの企画や開発、データの利活用を目的とする合弁会社の設立などを検討する。

口座連携

あとはdocomo関連以外の口座(銀行・証券・年金・ポイントなど)を個別に連携させていく作業となり、ここはマネーフォワードと全く同じ作業です。

マネーフォワードユーザーでも改めて口座連携の設定が必要

既にマネーフォワードを使用しているユーザーの場合、口座情報を移せたら便利だなと思ったのですが、残念ながら移行させることは出来ませんでした。

マネーフォワードに登録済の口座でも、一つ一つ改めて連携させる必要があります。

既にマネーフォワードで相当数の口座を連携させている場合は、これがなかなかの手間になります…

スポンサーリンク

スマー簿とマネーフォワードの違い

同じマネーフォワード社開発の家計簿ツールの「スマー簿」と「マネーフォワード」、どう違うのでしょうか?

ユーザーインターフェース

スマー簿のインターフェースですが、マネーフォワードと大きくは違わない印象です。

ドコモ関連サービスの自動反映だけでなく、それぞれのサービスへのリンクなどが表示される点がマネーフォワードと異なります。

スマー簿
マネーフォワード

ドコモ関連サービスの自動反映・連携

やはりココがマネーフォワードとスマー簿の一番の違いになります。

↑こちらはdアカウントにて初回ログイン直後の画面ですが、ドコモ提供サービスは連携作業不要でここまで自動でまとめてくれます。

また各サービスの個別詳細画面では、「アプリで開く」ボタンも設置されていて、ドコモの各アプリへすぐアクセス出来ます。

無料プラン・有料プランの範囲

スマー簿マネーフォワード共に基本利用は無料ですが、月額500円(税込)の有料プラン(プレミアムオプション・プレミアム会員)が設けられており、有料/無料の範囲にはそれぞれ違いがあります。

プレミアムオプション特典機能
スマー簿の無料/有料範囲
_____.png
マネーフォワードの無料/有料範囲

主な違いを以下ピックアップしてみます。

口座連携可能数

無料プランで連携可能な口座数は其々「10件」ですが、スマー簿の場合はdocomo提供サービスがカウントされない為、実質的にスマー簿の方がより多くの口座と無料連携し得るということになります。

推移・内訳グラフ

マネーフォワードでは有料プランでのみ表示可能な資産の推移・内訳グラフですが、スマー簿では無料プランでも推移・内訳を表示してくれます。

スマー簿:内訳グラフ(無料プラン)
スマー簿:推移グラフ(無料プラン)
マネーフォワード:内訳グラフ・推移グラフ
(無料プランでは非表示)

有料プランにはしたくないけどより視覚的に資産を把握したい…といった方は、スマー簿の方がお得に使えます。

ポイント・マイルの有効期限

マネーフォワードでは有料プランのみポイント・マイルの有効期限が表示されますが、スマー簿では無料プランでも有効期限を表示してくれます。

ということで、バックボーンは同じマネーフォワードとスマー簿でも、無料で使える機能の範囲は結構違うことが判りました。

ジンセイ
ジンセイ

一覧表の行数の違いからも判る通り、スマー簿の方が無料で使える機能の範囲が広いことがわかりました。

スポンサーリンク

マネーフォワードユーザーはスマー簿に乗り換えるべきか?

無料で使える範囲が広いスマー簿ですが、既にマネーフォワードを使っているユーザーはスマー簿に乗り換えた方がいいのでしょうか?

ドコモユーザーや視覚的管理重視の場合

まずドコモユーザーでなければ、ドコモ提供サービスとの自動連携などスマー簿の強みを享受出来るケースがなく、スマー簿を選ぶメリットはあまり無いように思います。

スマー簿の方が若干無料で出来る範囲が広いので、非ドコモユーザーでも①無料で使いたい・②グラフ表示やポイントの有効期限などの表示に重きを置きたい=視覚的な管理重視の場合は、スマー簿を検討しても良いかもしれません。

スポンサーリンク

有料プランはスマート家計簿新規ユーザーにお薦め

無料プランの範囲はスマー簿マネーフォワードですが、有料プラン契約となると料金は同じですし両社の機能差はあまりなくなってきます。

後述する履歴の問題があり、マネーフォワードの既存(・有料)ユーザーがスマー簿へ完全移行するのは、デメリットが結構大きいです。

①これから家計簿アプリを始めるドコモユーザー・②多数の口座連携/一括反映や今後1年以上の履歴を蓄積をしたい場合には、スマー簿の有料プランを検討するのも良いかもしれません。

まだスマート家計簿自体を使ったことがない場合、相性や向き不向きもありますので、無料プランから先ずは試してみることをお薦めします。

乗り換えには履歴を捨てる覚悟が必要

スマー簿は後発なので、今から導入する場合にはアプリインストール以前の履歴の多くを反映させることが出来ません。

長くマネーフォワードを使っていて、履歴の蓄積が多いようなケースについては、スマー簿に完全に乗り換えると多くの履歴を失うことになります。

【2021/9/1追記】

家計簿機能ではスマー簿登録以前の履歴を一部拾ってくれていることが判りました。

スマー簿_家計簿履歴:登録以前も含む1年前(無料プラン範囲)まで表示

しかし個々の口座をみると登録以後の推移しか表示されず…

スマー簿_口座の履歴:1ヶ月半=登録以降が表示

やはり登録以前の履歴にはあまり期待しない方が良さそうです。

キャンペーン中に使ってみて判断するのもあり

サービス開始にともない以下のキャンペーンが9月30日まで実施されています。

銀行口座連携で200ポイント

「スマート家計簿 スマー簿」アプリをダウンロードし、銀行口座連携をされた方に全員に「dポイント(期間・用途限定)200ポイント」をプレゼントいたします!

https://kakeibo.smt.docomo.ne.jp/info/campaign.html

dカード会員さま対象!実質3か月間プレミアムオプション利用料が無料!

「プレミアムオプション」をご契約の方は、初月利用料が無料です。更に、dカード/dカードGOLDの会員の方は、プレミアムオプション2か月分の料金に相当する「dポイント(期間・用途限定)1,000ポイント」をプレゼントいたします!

https://kakeibo.smt.docomo.ne.jp/info/campaign.html

試しに使ってみるのであれば、キャンペーン期間がお得ですね。

その後どちらかに決める手もありますし、マネーフォワード既存ユーザーが履歴の問題をクリアするためには、スマー簿を併用していくという手もあるかもしれません。

いずれにしてもマネーフォワードと共同開発しているだけあって、マネーフォワードで出来ることはスマー簿でも出来るので、悩ましい選択を強いられることになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました